アフィリエイトフレンズ

2014年10月25日

マックチキンナゲットの形は4種類!

テレビや店頭では大々的に告知しておりませんよね!

昨日ランチで汐留のマクドナルドでチキンクリスプとチョコレートシェークを注文致しましたの。
シェークは100円クーポンを利用したから計200円。
200円でランチが済ませられるなんて,とっても有難いわけで週に1回は、この組み合わせのランチを実施しますの。

さて、今回商品と一緒に手渡された小冊子があった。

横長のA4サイズの紙を観音折りしたカラーのリーフレットタイトルは、
チキンマックナゲット 安心・安全と味へのこだわり

チキンナゲット小冊子.JPG チキンナゲット招待券.JPG

しかも、中には今年いっぱい利用が可能なチキンマックナゲット特別招待券が付属しているの。
同店の一番安い商品ではない、このチキンナゲットをただで配布するなんて・・・

中国から輸入した鶏肉事件で大きな打撃を受けた同社が捨て身で打って出た
イメージアップ大作戦!

しかし、バーガー内の玉ねぎやピクルス増量が可能になったサービスの際と同様、
無料でプレゼント!って積極的にはプレゼンしてないですわよね!

わたくしが思うに多分これには2つの理由があるんじゃないかしら?

@ あまり知れ渡りすぎると、負担が大きくなりすぎる!
それはそうですわよね。
無料でプレゼントなのですから、引き換える人が多くなればなるほど赤字になる。

A されげない告知でチキンナゲットのイメージをアップ。

人は予想していなかった嬉しいオファーに関しては事前に告知されていた時よりも
より多くの驚きと喜びを感じるもの。

消費者のデリケートな心理にそっと訴えかける手法を選んだのではないかしら?
この好印象は、そのままチキンナゲットのイメージアップにつながりますもんね。

小冊子の中にはチキンナゲットを今すぐに
手に取ってみたい!と思うようなエピソードが記載されていて、
一旦チキンナゲットを食べなくなった人の興味を引き戻すように工夫されているの。

ナゲットの表面はソースを絡めやすくするために凹凸がついているとか、
ピースには4種類の形があって、それぞれ次のように呼ばれていたんだなんて、
昨日まで知らなかったもの。
Bone, Boot, Bell, Ball

しかし、なぜ4種類あるのかは解説がされておらず、
単純にカットした後の形がその4つのいずれかになるだけのことなんじゃないの?
とわたくしは推測したのだけれど、
もし、そうだったら、そんなこと、わざわざチキンナゲットイメージアップ大作戦の小冊子に記載するはずがありません。

ネットで少し調べてみると、こんなアンサーを見つけることが出来ました。
ナゲットは製造工場で、ミンチ状にしたチキンを機械で型抜きをして作りますが、
型抜きの型が4種類なのです。


飽きが来ないように食感の違いを演出しているということなんでしょうね!
こんな工夫がナゲットにされているなんて、今まで全く気が付きませんでした。

これからはナゲットを口に放り込む前に
ベルちゃん!なんて話しかけてしまいそうだわ。


広告についてのINDEXへ。
posted by Kaolu A at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 広告について・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/407744877

この記事へのトラックバック
初心者sitemap.xml