2014年05月22日

盗撮の犯人はパソコン

特別な盗撮カメラや盗聴器がなくても、あなたは常に監視され、情報を盗み取られる恐れがある。
SFホラーのようだけれども、このような現象が実際に起きていることをご存じ?

以前家電端末が情報を漏洩させる・・・なんて記事が広がり結局はデマだったことがわかって
一安心した方も多いと推測致しますが・・・

実際には、今後安心できないリスクが加速度的に高まっていきそうですわよ。
わたくしもセキュリティ情報局 キーマンズネットのメルマガに掲載された記事を読みまで 、ここまでのスパイ活動が身近に潜んでいるなんてまるで知りませんでしたもの。



記事を要約させて頂くと、こんな感じ。
クリープウェアという言葉が有名になったのは、ミス・ティーンUSAとなった女性のプライベート画像をもとにした脅迫事件。
この女性のFacebookアカウントがハッキングされ、
アカウントのプロフィール写真が、撮影した覚えのない半裸の写真に変更されていたそう。

その後、プライベートな画像や映像をばらまかれたくなければ要求を聞けという脅迫メールが届き、
勇気ある彼女がテレビ番組に知らせたことが、この犯罪組織の手口を明かすことに・・・
PCの遠隔操作を利用した覗き行為とそれで得た画像/映像による脅迫手口・・・

録画や録音はもちろん、人に知られたくない様々な情報が身近なパソコンから悪意のある組織に流出することが誰にだって起こり得るの。

Webカメラを使わないときには覆いをつけて、遠隔操作されても撮影できないようにしたり
ネット環境はこまめにログアウトすることが最小限必要なようです。

皆様も身近にあるリスクに関する知識を時折バージョンアップして、
自衛して頂くしかないのでしょうね!

ちなみにこの情報を知らせてくれたキーマンズネットは、わたくしが購読している株式会社リクルートマーケティングパートナーズ運営の無料メルマガ。
IT環境の今やセキュリティーなど、知っておいた方がいい情報を無料で届けてくれています。
※ わたくしには難しすぎるトピックの多々ございますが・・・

ちなみに今月いっぱい紹介キャンペーンを実施中!
あなたのご紹介でキーマンズネットをお友達が無料購読を始めると
500円分のQUOカードが進呈されますわよ。


ネットワークビジネス初心者Kaoluの疑問?INDEXへ


posted by Kaolu A at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンの疑問? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
初心者sitemap.xml