アフィリエイトフレンズ

2011年11月13日

視聴率一目瞭然

随分と長い間テレビの視聴率の低下が指摘されている。

テレビの広告の定価自体は変化していなくても実際に売買されている媒体料金は随分と低下しているんだろうな・・・

数日前にもこんなニューズをネットで見かけた。

若い世代のTV離れが一目瞭然 視聴時間が5年で3割以上も減少


テレビの視聴率低下がいよいよ深刻である。

10月3〜9日の視聴率トップは、日本テレビ系『笑点』で18.1%。これは週間1位としては史上最低の数字だった。さらにその前週(9月26日〜10月2日)には、かつてなら低視聴率に入る12%台の番組がトップ30以内に入るといった具合である。

フジテレビ系列の産経新聞は、紙面でこう嘆いた。

〈ついにその日がきた、という感じだ。「12%台」でもトップ30入りしてしまった。前代未聞の事態だ。(中略)ことここに至っては、よほどフンドシを締めてかからないと「回復」どころか「歯止め」すらおぼつかなくなるのではないか、と危惧する〉(10月4日付)

だが、こうした事態にもテレビ関係者は、「録画視聴が多くなったから」だの、「若い世代は携帯やワンセグで見ている」だのと言い訳する。つまり、実際の視聴率はもっと高いはずだと強弁するのだ。

だが、それがウソであることは、種々のデータを見れば明らかである。

今年8月に総務省が発表した「情報通信白書」には、世代別の「テレビを見る」時間を過去と比較したデータがある。若い世代のテレビ離れは一目瞭然。10代では、2005年に1日平均106分だった視聴時間が、2010年には70分と、わずか5年で3割以上も減少している。同様に20代では、2005年に104分だったのが2010年には76分に激減。かつて「テレビの見過ぎだ」と大人たちから叱られていた日本の若者は、この5年で、自然と1日30分もテレビ視聴時間を減らすことに成功したわけだ

NEWS ポストセブン 11月4日(金)7時6分配信

テレビばっかり見てないで勉強しなさい!
そう言われた俺たちが子供の頃。

確かに今はゲームばかりやってないで勉強しなさい!
って注意センテンスに変化が表れた気がするのは否定出来ない。

だけど、だけど、俺はやっぱりテレビが好き!
ストレスだらけの仕事生活の中、
家に帰ってテレビ番組をオンすると心がほっとするんだよね。

気持ちが暗くなるからニュースは積極的には見たくない俺だったりするんだけど・・・
なんのためにもならないようなバラエティー番組が、時にはとっても心を癒してくれるんだ。

俺が一人暮らしの時がそうだったんだけど、とりあえず家に帰ったらテレビのスイッチを寂しいからオンするって人は減ってきたのかなぁ?

節電のためにはとってもいいことだけれどもね・・・

確かに代替媒体が増えて来たからテレビの視聴率が低下しているのは間違いないこと。
だけど本当にこの記事のようにテレビを見る時間は明らかに減っているんだろうか?

パソコンや携帯の普及によって、無意味にテレビの電源をオンする人も減ったんじゃないかと俺は勝手に予想したりするんだけど・・・

しかも本当に見たい番組は、じっくり腰を落ち着けてみたいわけで・・・

たとえば、昨夜 BECK が地上波初登場で放映されていた!
映画館で見たり、レンタルで借りてまで見たいとは思わないけれど、
無料なら(あんなにヒットした映画だし)鑑賞してみたい!

だけど放映開始は21時。

昨日は21時頃と早く帰宅したのから、そのまま観賞すること、もちろん可能なんだけど、
やはり映画は落ち着いてみたい。
風呂に入って、気になる体臭を抑え、食事もしてから、ゆっくりとね。

だから本当に見たい番組ってオンタイムやなくて録画じゃないの?って思っちゃうわけ。

まず21時からの放映映画をオンタイムで落ち着いてから見ることが出来るサラリーマンって少ないんじゃないかな?

記事では関係者の”視聴率は実際は下がっておらず、録画や他メディアで観賞している”という論点をバッサリ切りしてている。

だが、それがウソであることは、種々のデータを見れば明らかである。

平均視聴時間のデータと視聴率の低下は変化した生活環境があるから単純に数値で比較出来るものではないと俺は思うのさ。

少なくても明らか!ではないぞ!

ただ、テレビのつけっぱなしではなく、真剣に鑑賞するテレビ番組の位置付けは仮に以前と同じであったとしても、
その間に挿入されるCMは見られなくなっているというのは明らかではある。

テレビ関係者はテレビ番組の視聴率の低下に対して反論するのは広告媒体としてもメディアを守るって意味合いも当然強いわけだが、
番組とCMはまた別物。

CMが見たくてTVをオンする人はほとんどいないし!

テレビCMって今後ますます注目度が減ってレスポンスが少ない媒体へと低下していくんだろうなっぁ・・・
なんて、こんなニューズ記事をみて想像してしまうわけ。



広告についてのINDEXへ。


posted by Kaolu A at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 広告について・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/234853357

この記事へのトラックバック
初心者sitemap.xml