アフィリエイトフレンズ

2011年03月19日

広告が消えた日

広告をめっきり見かけなくなったよね。

もちろん東日本大地震の影響。

俺は11階のビル内にある会社で仕事をしていたんだけど、人生初の激しい揺れには驚いた。

テレビでは徐々に通常の広告をも見かけるようになってきたけど・・・
それでもレギュラー広告の空きを埋めるためのAC(広告機構)のCMが一番多く見かける気が致します。

被害にあった方々に対しては心からお見舞い申し上げます。

TVでは先週はずっと報道番組。
新聞のテレビ欄のあまりにもすかすかな表示には驚いたよ。

それだけの大惨事。

新聞もページ数が少なくなりめっきり広告スペースがなくなった。

仙台周辺にある新聞社の印刷工場では印刷が不可になっただろうから、
他の印刷工場でその分も印刷することによって、補足。

だけど新聞販売店への到着が遅れると新聞も配達出来なくなるから
土日の新聞のページはめちゃ薄かったもんね。

でも新聞はもともと情報を伝えるためのツール。
受注して掲載の準備が出来ている新聞広告や折込広告を飛ばしてでも読者に届けないと・・・

実際広告が入ったところで普段のようにレスポンスは期待出来ないもんね。
逆にテレビや新聞で広告を見かけると、

こんな状態なのに、まだ金儲けしたいの?
なんて思ってしまう。

やはり広告はこの状態では自粛すべき。

莫大な広告予算を使ってお見舞い広告を入れたいなんて広告主もあったみたいだけど・・・
そんなことして何になるの?

被災している人はそんな広告を見る機会もないだそうし、
それより被災地に力を貸したり、その広告費を支援金として送った方がどんなに広告効果があるか・・・


俺が働いている会社も広告を扱っていたりだけど、キャンセルが次々。

せっかく多額の製作料や印刷料金をかけているけど、そんなこと言ってられないよね。

3月に見込んでいた売上は大幅に下降。
これはうちに限ったことじゃないけど・・・

そんなことどうでもいいじゃん!

こんな時期に広告が掲載されるとなんて無神経な会社なの?
こんな時期でも金設けかい?
ってマイナスイメージがついちゃう。

やはりイメージは企業にとってライフラインなわけで・・・
この時期に掲載している企業。
何考えてるの?

やっぱり俺としてはそう思っちゃうのです。

広告についてのINDEXへ。
posted by Kaolu A at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 広告について・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
初心者sitemap.xml