2010年12月19日

光るポスター

DNPは、電圧をかけるだけで自ら発光するELの特長に注目し、印刷分野での応用を目指し、曲げることが可能で、光る紙のような薄型ELパネルの開発に取り組んでいます。今回販売する“光るポスター”は、比較的低コストで広い面積に利用できる高輝度無機ELを採用しています。カラー印刷したポスターの後ろから、無機ELの高輝度な照明光をセグメント方式(*2)で発光させることで、図柄をアニメーションのように浮き上がらせます。曲面への設置も可能であり、省電力という特長を活かして、生活者の注目を集める販促効果の高いポスターとしての展開を提案していきます。
DNPホームページより。

交通広告や看板に照明が投げかけられていて、夜でも目立つ広告というのは今までもあったけど、
広告自体が光ったら、それにまさる注目率はないよね!

印刷会社ノ大手大日本印刷がそんな媒体を開発しておりました。

自発光する性質があり、液晶パネルなどよりも省電力、薄型、軽量という特長があります。また、プラスチックのような柔らかい基材にELを加工できるため、円柱などの曲面への設置が可能です。さらに、視野角も液晶以上に広いため、多くの生活者がさまざまな角度から見るポスターに最適です。
DNPホームページより。

意外と低予算で実施出来るそうなこの広告展開。
駅や街の中の広告媒体がより艶やかに今後はなって行きそうだよね。

広告ってネットだけじゃなく、屋外広告もどんどん進化しているんだね。
広告代理店や印刷会社に勤めている人たちって覚えるっことが山のようで大変そうだわぁ・・・




広告についてのINDEXへ。
posted by Kaolu A at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 広告について・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
初心者sitemap.xml