アフィリエイトフレンズ

2010年12月03日

朝日新聞Xモーニング

今日は久しぶりに21時頃に家に帰ることが出来たので、ゆっくりと朝日新聞の夕刊に目を通したんだ。

ページをめくっていくと、まず気になったのが今話題の英語教育CDスピードラーニングの全面広告。

以前は英語が得意だった俺もいまではめっきり・・・

このCD興味あるんだよね。

さらにページをめくると3コマ?のマンガが大紙面に!


40歳の教科書2

なんだ、なんだ?
左上をチェックすると、広告特集とあり、
通常は朝日新聞の題字のみが入っている部分に、なんとexclamation&question

朝日新聞Xモーニングの表示が・・・

ということは・・・この漫画のキャラクターは講談社が出版するコミック誌モーニングの登場人物なんだろうね。

温暖化だと?

地球の危機が心の危機だ

気になるモノローグにアテンション。

ページをめくると、見開きに先ほどのキャラクターのイメージをサイドに配して、
心の危機をいかに乗り越えるかというテーマのもと有識人のうつに関する見解が述べられているんだ。

朝日新聞Xモーニング.jpg 40歳の教科書2.jpg

その裏のページもやはりうつに関する情報。

前述の見開きの左上には今回の2社のタッグのコンセプトが説明されている。

以前4月にもドラゴン桜公式副読本”40歳の教科書”が掲載されていたんだそう。

見逃したわぁ・・・

忙しい悩み多き時代にどう生きていくか?
いかに鬱にならないように生活していけるか?


これは現在鬱になりそうな人でなくとも興味ある有意義な情報。

いつかは自分も鬱に苦しまされるかもしれないし、
少なくとも周囲には誰かしら鬱の方はいすはず。

その辺を一度立ち止まって考えてみるってことは大事なことだと思います。

新聞社らしい公のメッセージのある素晴らしい広告特集だと思うよ。

最近ニュースをネットで読み、新聞を購読しない人が増えているけど、
こんな素敵な広告、情報に巡り合えるのも新聞の魅力的なポイント。

ところで、記事下には関連が多少はありそうな協賛クライアントの広告が掲載されておりますが、
このパソコンの広告なんか色が違うんじゃ?

と思って広告主を確認したら、パソコンと福祉・介護用品の潟<fィエイターとありました。

ただのパソコン販売の会社じゃないのね・・・

それにしても朝日新聞社が朝日新聞出版ではなく他の出版社のタッグを組んで、ここまで大きな広告特集を組むなんて、
大胆だわぁと思ったわ。

40歳の教科書 親が子どものためにできること ドラゴン桜公式副読本『16歳の教科書』番外編  ドラゴン桜公式副読本 16歳の教科書~なぜ学び、なにを学ぶのか~



広告についてのINDEXへ。
posted by Kaolu A at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 広告について・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/171569395

この記事へのトラックバック
初心者sitemap.xml