アフィリエイトフレンズ

2009年08月17日

アドワーズ広告に住所指定オプション機能

GOOGLEのアドワーズ広告に住所指定オプション機能を追加されたよ。

住所指定オプション機能を利用してローカル広告を掲載する方法

住所指定オプション機能を利用すると、住所に近いユーザー、または検索クエリから住所地域に関心があると識別されるユーザーに広告とその関連する住所情報を表示することができる。たとえば「英会話 渋谷」と検索したときに、渋谷周辺の英会話とその所在地住所を広告として掲載できる。アドワーズ広告のテキスト広告の5行目に住所を表示する。もしユーザの住所情報が不明な場合、あるいは関連する住所情報が見つからない場合は非表示となる。
SEMリサーチ記事より引用。


ネットでの広告って全世界に配信することが出来るのが大きな魅力ではあるけれど、店舗をもっている企業にとってはもっと狭い範囲でのターゲティングが実用的だもんね。

ネットでエリア広告にセグメントが出来れば鬼に金棒。

ユーザーにとっても自分が訪れることのない地域の情報が頻繁に表示されても面倒なだけだし。


今後は他のネット広告サービスでもシステムを工夫してどんどんより絞りこんだ訴求が出来るようになるんだろうなぁ〜・・・


広告についてのINDEXへ。
posted by Kaolu A at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 広告について・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/125884392

この記事へのトラックバック
初心者sitemap.xml